ローマの休日

ローマの休日

公開:1953年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(アン王女)オードリー・ヘプバーン
(ジョー・ブラッドレー)グレゴリー・ペック
(アーヴィング)エディ・アルバート
(将軍)テュリオ・カルミナティ
(美容師)パオロ・カルリーニ
(ブラッドレーの上司)ハートリー・パワー
(ヴィアバーグ伯爵婦人)マーガレット・ローリングス
(大使)ハーコート・ウィリアムズ
クラウディオ・エルメッリ
監督ウィリアム・ワイラー
原作ダルトン・トランボ
音楽ジョルジュ・オーリック
脚本イアン・マクレラン・ハンター
ジョン・ダイトン
ダルトン・トランボ
製作ウィリアム・ワイラー

見どころ/ストーリー紹介

アン王女の美しさが世界を魅了!映画史上、最高にロマンチックなラブコメの金字塔
ほぼ無名の新人だったにもかかわらず、本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したオードリー・ヘプバーン。その魅力を存分に引き出しだウィリアム・ワイラーの手腕に拍手!
ヨーロッパ各地を表敬訪問中のアン王女。訪れたローマでストレスがピークに達した彼女は、取り巻きの目を盗みひとりローマの街へと繰り出す。だが事前に打たれていた鎮静剤のせいで突如眠りに落ちてしまい、偶然通りかかった新聞記者・ジョーに助けられる。

感想・レビュー

いい時代のいい感じの映画ですねー。楽しくてきれいでかっこよくて奔放で。。

いまは全世界で休日のような時代で、息苦しさを感じます。

こんな明るい時代はもう来ないんでしょうね。新しい生活様式なんて言ってる時代ですが。。

自粛のステイホームのひと時こんな映画を見て楽しむのもいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました